悪玉(LDL)コレステロールは危険

血液中のコレステロールは

 

タンパク質と結びついて、リポタンパクと言う形で存在しています。コレステロールを運んでいるのは、HDL(高比重リポタンパク)とLDL(低比重リポタンパク)です。LDLは肝臓で作られたコレステロールをLDLコレステロールという形で身体の隅々まで運び、HDLは、身体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを抜きとって、肝臓に戻す働きがあります。

 

LDLコレステロールが増えると、身体の隅々までコレステロールが配られ、動脈硬化が促進しますので悪玉(LDL)コレステロールとよばれます。悪玉(LDL)コレステロールが増えて動脈硬化になると

心筋梗塞や脳梗塞や狭心症になりやすくなります

 

悪玉(LDL)コレステロールを下げる食品

悪玉(LDL)コレステロールを下げる食品ですがまず糖質や脂質をたくさん取らない事です。

 

イワシ

次にイワシやサバのような青魚に含まれる、必須脂肪酸のEPAやDHAを沢山食べる事です。EPAやDHAもω3脂肪酸の一種ですが、動脈硬化を予防し、中性脂肪散を下げるω3脂肪酸をふくむココナツオイルやエゴマ油をよく摂る事です。

 

くるみ

次のω3脂肪酸が多いのは、ナッツ類特にくるみです。それと脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓を溶かす作用のあるナットウキナーゼを多く含む納豆も効果的です。抗酸化活性が高くコレステロールの減少効果が大蒜のアイリンには期待されています。シイタケに含まれるエニタデリンやカテキンを多く含む緑茶、酢陽性食物繊維の多い野菜や海藻類も積極的に食べるといいでしょう。

 

悪玉(LDL)コレステロールはなぜ下げる必要があるか?

コレステロールは人間の体にとって欠かすことのできない物ですが、一口にコレステロールといっても種類があり善玉と悪玉に分けることができます。善玉の方はその名の通り体にとって良い物質ですが、悪玉(LDL)コレステロールに関しては注意する必要があります。健康診断を受けた時に悪玉(LDL)コレステロールの数値を確認することができ、正常の範囲を超えると改善を促されます。

 

なぜ悪玉(LDL)コレステロールの数値を下げる必要があるかと言うと

 

血管の内側にコレステロールを溜め込んでしまい血管を細くするからです。つまり動脈硬化が起きやすくなるため、心臓や脳に負担をかけて重大な病気を引き起こす可能性を高くしているのです

 

きなりサプリ

体の内側からケアをしていくことは、健康管理をする上でとても重要です。食べた物が体を作ると言っても過言ではありませんが、食べ物だけでは不十分であるという方が多いのではないでしょうか。そこで有効成分が含まれているサプリメントやドリンクなども併用していくことで、補っていくことをおすすめします。

 

きなり

きなりサプリはDHA、EPAなどが豊富に含まれていて、抗酸化作用があります。

 

もちろん抗酸化作用ということで、体のさびをなくしたり、進行を遅くしてくれたりしますので、免疫力があがったり、さらに若返りということも期待できます。多くの方が効果を感じていますので、とてもおすすめのサプリ

 

LDLコレステロールを簡単に下げるなら

きなりサプリ