LDLコレステロールを下げる食品を選ぶ

魚料理

悪玉(LDL)コレステロールを下げる食品でよく知られているのは青魚です

 

サンマやイワシ、アジ、マグロ、ブリなど青魚に含まれるDHAとEPAという成分が悪玉(LDL)コレステロールを下げる働きがあり、善玉(HDL)コレステロールを増やしてくれて中性脂肪の合成を抑えてくれるというさまざまな働きをします。そのため血液をサラサラにして動脈硬化の予防にも有効的であることが知られています

 

青魚料理

DHAとEPAは必須脂肪酸といわれ体内では作り出すことができないものであるため、食事で摂取することしかできません。青魚を積極的に摂取することが悪玉(LDL)コレステロールを下げることに効果的であり、毎日の食事摂取が難しい場合にはサプリメントの活用も有効的といえる

 

>>>青魚サプリならきなり

 

LDLコレステロールの吸収を抑える食品を選ぶ

海藻

悪玉(LDL)コレステロールを下げるには摂ってしまったコレステロールの吸収を抑えることも重要です。海藻類、ブロッコリーやキャベツなどの野菜、大豆製品、食物繊維は吸収を抑える働きがあります。もずく、昆布、ひじきなどの海藻類に含まれているアルギン酸は腸の中で吸収を抑えます。なかでももずくに含まれるフコイダンというネバネバした成分はコレステロールを排除してくれるといわれています

 

ブロッコリー

ブロッコリーやキャベツに含まれるSMCS(S?メチルシステインスルフォキシド)は悪玉(LDL)コレステロールを分解して排除する働きを促してくれます。豆腐や納豆の大豆製品に含まれるサポニンという成分もまた分解を促します。食物繊維は腸内を通過する時にコレステロールを吸着し体外に便として排出します。

 

肝機能を上げて悪玉コレステロールの処理能力を高める

コレステロールの排出など処理を行う場所は肝臓であり、肝臓の機能が低下していると処理できずに悪玉(LDL)コレステロールが溜まってしまい数値が高くなる原因になります。

 

肝機能を上げるためには

 

排出を促すタウリンという成分が胆汁酸の合成を増やしコレステロールを処理してくれます。タウリンはカキ、イカ、ホタテ、カツオなどの魚介類に多く含まれています。タウリンを食事で摂ることで悪玉(LDL)コレステロールは胆汁酸として体外に排出してくれるのです。またタウリンは交感神経の興奮を抑える働きもしてくれるため血圧を下げる作用があり、高血圧や動脈硬化の予防などにもつながり体内でさまざまな活躍をしてくれます

 

LDLコレステロールの正常範囲

悪玉(LDL)コレステロールが増えたと健康診断で言われた場合は、生活習慣や食生活を変えて、この数字が正常になるようにしなければなりません。

LDLコレステロールの計算方法は

 

LDLコレステロール値=葬コレシテロール値ー(中性脂肪値÷5)ーHDLコレシテロール値

です。基準値は60mg/dl〜119mg/dlで異常値は170mg/dl以上と言われています。LDLコレステロールが高いとまず、脂質異常症と言う病気で血液がどろどろの状態となり、動脈硬化や高血圧が進行している状態です。このような状態になると、食生活の改善や適度な運動や節酒や禁煙を行いLDLコレステロールを下げる必要があります

 

 

>>LDLコレステロールが高い TOP